第三世代の原子炉は、全電源喪失下でも外部注水なしで原子炉への注水が行われ炉心を守る;静的安全システムと呼ばれる自力回復能力が備わっているらしい。専門家には一般国民にもっとわかりやすく説明してもらいたいものだ。無知のままではエネルギー政策の正しい判断ができない。福島のような古い原発はいらないのは当然だが、しかし第三世代以降ならば現代文明には必要かな、となるかもしれない。化石燃料も限界が見えてきている近未来では尚更に。