生活習慣病の予防と治療に食事と運動が必要であることは常識だ。
食事と運動をそれぞれ具体的に一言でいえば節食と歩行であろう。

成否は継続するかしないかである。

飽食を勧めるかの如きの本を出した医師がいるが全く理解に苦しむ。医師の執筆とはとても思えない。