人間ドック学会の発表と報道により服薬を自己中断するケースが出てきているようだ。そもそも血液データ等の基準範囲と種々の疾患判別値とは異なるのは当然である。治療中断により例えば脳卒中を発症した場合、それは誰の責任になるか?

人間ドック学会? 自己中断した本人? それとも?

某先生のおっしゃるように、カルテにきちんと「人間ドック学会の発表とそのマスコミ報道を見た結果、本人の意思として拒否」と書いておく必要があろう。